まずはお気軽にお電話ください
Tel.042-843-4211

コラム

COLUMN
2022.02.27

県外の工事はできる?大臣許可と知事許可の違いについて解説

建設業許可には、「都道府県知事許可」と「国土交通大臣許可」の2つがあります。

都道府県知事の許可でも、許可を受けた都道府県外の建設工事を請負うことは可能が可能です。

それでは、都道府県知事許可と国土交通大臣許可にはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、大臣許可と知事許可の違いについて、建設業専門の行政書士法人ストレートが解説します。

大臣許可と知事許可の違い

建設業許可には、以下の2つの区分があります。

  • 国土交通大臣許可(大臣許可)・・・営業所が2つ以上の都道府県にある場合
  • 都道府県知事許可(知事許可)・・・営業所が1つの都道府県にのみある場合

以下の建設業法第3条で定められているように、大臣許可と知事許可の違いは、営業所をどこに設置するかということにあります。

建設業法第3条
第三条 建設業を営もうとする者は、次に掲げる区分により、この章で定めるところにより、二以上の都道府県の区域内に営業所(本店又は支店若しくは政令で定めるこれに準ずるものをいう。以下同じ。)を設けて営業をしようとする場合にあつては国土交通大臣の、一の都道府県の区域内にのみ営業所を設けて営業をしようとする場合にあつては当該営業所の所在地を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。ただし、政令で定める軽微な建設工事のみを請け負うことを営業とする者は、この限りでない。(以下省略)
出典:建設業法|e-Gov法令検索

県外で工事するのに大臣許可が必要?

たとえば、大阪府知事許可を取得している建設業者が、東京都内の建設工事を行うことは可能なのでしょうか?

記事の冒頭でも述べたとおり、結論から言えば可能です。

建設業法上、建設工事の場所に制限はありません。

知事許可と大臣許可の違いは、営業所がどこにあるかというだけなので、知事許可を取得している場合であっても、全国で建設工事を行うことができるのです。

ここで注意したい点は、建設工事の「請負契約等」は、許可を受けた営業所でしか行えないということです。

つまり、大阪府知事許可の業者は、大阪府内の許可を受けた営業所で請負契約を締結し、東京都で建設するという流れになるわけです。

建設業法における営業所とは

建設業法における営業所とは、常時建設工事の請負契約を締結する事務所のことをいいます。

営業所には契約締結のための権限が与えられていなければなりません。

営業所の要件は以下のとおりです。

  • 契約書を取り交わすだけでなく、請負契約の締結に係る工事の見積もりや入札などの実体的な業務も行われていること
  • 電話・机・事務台帳等が備えられており、居住部分とは明らかに区分された事務室があること
  • 契約に関する権限が与えられた経営業務監理者が常勤していること
  • 専任技術者が常勤していること

建設工事の請負契約を締結する事務所であれば、支店や出張所、名称などに関わらず建設業法でいう営業所に該当します。(海外の支店等は営業所には該当しません。)

「営業所」となるには、建設業許可営業所として届出をしなくてはなりません。

大臣許可と知事許可の違いに関するまとめ

  • 大臣許可と知事許可の違いは営業所をどこに設置するかということ
  • 知事許可であっても県外での工事は可能(請負契約は県内の営業所で締結することになる)

建設業専門の行政書士事務所

行政書士法人ストレートは、建設業者サポートに特化した事務所です。

建設業許可申請・経営事項審査・工事入札参加は、相談する行政書士によってその結果が異なることが多くあります。

個人事業~上場企業まで、年間300件以上の手続き実績がある行政書士が対応いたしますので、是非、初回無料相談をご利用ください。

セカンドオピニオンも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら

建設業許可申請はこちら

建設業法条文

行政書士法人ストレート
行政書士 大槻 卓也
執筆者

建設業特化の行政書士法人ストレートの代表行政書士。年間申請数は300件を超える。建設業者のみならず行政書士、他士業からも多くの相談を受けるプロが認める専門家。誠実、迅速な対応で建設業者の発展に貢献します。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら
行政書士法人ストレートの写真

弊社は、建設業関連業務に特化している行政書士法人です。東京都、神奈川県、埼玉県を中心に建設業許可に関する手続きを年間300件以上代行しており、難易度の高い申請の実績も豊富です。

他の行政書士には許可をとれないと言われた事業者様の建設業許可を、問題なくスムーズに取得できるケースも非常に多いです。行政書士の業務は多岐にわたるので、建設業許可に詳しくない事務所も当然あります。

「近所だから」「安いから」という理由だけで依頼する行政書士を選ぶと、許可取得までに時間がかかったり、許可を取得できないということも考えられます。特殊な法律やルールの多い建設業に関する手続きは、専門の行政書士にご相談いただけることを願います。