まずはお気軽にお電話ください
Tel.042-843-4211

コラム

COLUMN
2022.04.25

主任技術者・監理技術者の途中交代は可能なのか?

主任技術者・監理技術者は、工事の途中で交代しても問題ないのでしょうか?

原則として主任技術者・監理技術者の途中交代は認められませんが、交代が認められるケースもあります。

主任技術者・監理技術者が途中交代するにあたり、注意すべき点を確認しておきましょう。

この記事では、主任技術者・監理技術者の途中交代について、建設業専門の行政書士法人ストレートが解説します。

主任技術者・監理技術者の途中交代が認められるケースとは

建設業者は、建設工事の施工にあたり技術者を配置する必要があります。

建設工事の適正な施工を確保する観点から、施工管理をつかさどる主任技術者・監理技術者の交代は原則として認められません。

どうしても主任技術者・監理技術者を交代せざるを得ない場合は、慎重かつ必要最小限にしなければなりません。

主任技術者・監理技術者を交代することが例外的に認められるケースには以下のものがあります。

  • ①主任技術者・監理技術者が死亡した場合
  • ②主任技術者・監理技術者が退職した場合
  • ③主任技術者・監理技術者が出産・育児・介護・傷病等やむを得ない事情で職務を遂行できない場合
  • ④受注者の責によらない理由により工事中止または工事内容の大幅な変更が発生した場合
  • ⑤橋梁・ポンプ・エレベーター・ゲート・発電機等の電気品等の工場製作を含む工事であって、工場から現地へ工場の現場が移行する場合
  • ⑥1つの契約工期が多年に及ぶ場合

主任技術者・監理技術者が途中交代する場合の注意点

いずれの理由で交代するにせよ、発注者と元請業者との協議により、当該工事の継続性と品質確保等に支障がないと認められなければなりません。

主任技術者・監理技術者の交代の際は、工事の継続性・品質確保等に支障がないように以下のような措置をとる必要があります。

  • 交代の時期は工程上一定の区切りと認められる時点とする
  • 交代前後における主任技術者・監理技術者の技術力が同等に確保される
  • 工事の規模、難易度に応じ一定期間重複して前任・後任の主任技術者・監理技術者を工事現場に設置する等の措置をとる
発注者との協議において重要なこと
建設業者が工事現場に設置する主任技術者・監理技術者およびその他の技術者の職務分担、本支店等の支援体制等に関する情報を、発注者に対して説明することです。

主任技術者から監理技術者への交代に関する留意点

次のような場合、発注者から直接建設工事を請け負った元請の特定建設業者は、主任技術者から監理技術者へ交代しなければなりません。

  • 当初は主任技術者を配置していた工事が、施工途中の大幅な工事内容の変更等によって、下請契約の請負代金の額が4,000万円以上(建築一式工事の場合は6,000万円以上)となる場合

このような変更があらかじめ予想される場合は、建設業者は当初から監理技術者の資格を持つ技術者を設置しておく必要があります。

主任技術者・監理技術者の途中交代に関するまとめ

  • 主任技術者・監理技術者の途中交代は、やむを得ない理由がある場合に認められる
  • 主任技術者・監理技術者の交代の際は、工事の継続性・品質確保等に支障がないように措置をとらなければならない
  • 工事内容の大幅な変更によって主任技術者から監理技術者へ交代することが予想される場合は、当初から監理技術者の資格を持つ技術者を設置しておかなければならない

建設業専門の行政書士事務所

行政書士法人ストレートは、建設業者サポートに特化した事務所です。

建設業許可申請・経営事項審査・工事入札参加は、相談する行政書士によってその結果が異なることが多くあります。

個人事業~上場企業まで、年間300件以上の手続き実績がある行政書士が対応いたしますので、是非、初回無料相談をご利用ください。

セカンドオピニオンも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら

建設業許可申請はこちら

建設業法条文

行政書士法人ストレート
行政書士 大槻 卓也
執筆者

建設業特化の行政書士法人ストレートの代表行政書士。年間申請数は300件を超える。建設業者のみならず行政書士、他士業からも多くの相談を受けるプロが認める専門家。誠実、迅速な対応で建設業者の発展に貢献します。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら
行政書士法人ストレートの写真

弊社は、建設業関連業務に特化している行政書士法人です。東京都、神奈川県、埼玉県を中心に建設業許可に関する手続きを年間300件以上代行しており、難易度の高い申請の実績も豊富です。

他の行政書士には許可をとれないと言われた事業者様の建設業許可を、問題なくスムーズに取得できるケースも非常に多いです。行政書士の業務は多岐にわたるので、建設業許可に詳しくない事務所も当然あります。

「近所だから」「安いから」という理由だけで依頼する行政書士を選ぶと、許可取得までに時間がかかったり、許可を取得できないということも考えられます。特殊な法律やルールの多い建設業に関する手続きは、専門の行政書士にご相談いただけることを願います。