まずはお気軽にお電話ください
Tel.042-843-4211

コラム

COLUMN
2022.08.02

施工体制台帳の保管は義務?工事完了後の保存期間について

施工体制台帳とは、工事を請け負う全ての業者名、各業者の施工範囲、工期、主任技術者・監理技術者を記載した台帳のことです。

施工体制台帳は工事が終わった後も、保存が義務付けられており、保存期間が設けられています。

工事現場ごとの施工体制台帳の備置きから、工事完了後の保存の流れについて確認しましょう。

この記事では、施工体制台帳の保存期間について、建設業専門の行政書士法人ストレートが解説します。

施工体制台帳は工事現場ごとに備置く

施工体制台帳は、元請業者が現場の施工体制を把握し、安全かつ計画的に工事を進めるためにまとめた台帳のことです。

施工体制台帳には

  • 工事を請け負う全ての業者名
  • 各業者の施工範囲
  • 工期
  • 主任技術者・監理技術者

が記載されています。

施工体制台帳について、詳しくはこちらの記事をご覧ください

施工体制台帳を作成した場合は、建設工事の目的物を発注者に引き渡すまでの期間、工事現場ごとに備え置かなければなりません。

途中で契約が解除された場合は?
請負契約の目的物の引き渡しをする前に契約が解除されたなど、請負契約に基づく債権債務(目的物を完成させる債務とそれに対する報酬を受け取る債権)が消滅した場合、債権債務の消滅まで備え置けば良いとされています。

施工体制台帳の提出と閲覧

公共工事では、公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律上、施工体制台帳の写しを発注者に提出する必要があります。(公共工事入札契約適正化第15条第2項)

また、民間工事では、発注者から請求があった場合は施工体制台帳を閲覧に供しなければなりません。(建設業法第24条の8第3項)

POINT
施工体系図は掲示が義務付けられていますが、提出する必要はありません。

施工体制台帳の保存期間について

建設工事が完了して目的物を引き渡した後も、建設業法第40条の3「帳簿の備え付け等」により、施工体制台帳を約5年間保存しなければならないと規定されています。

したがって、工事完了後も施工体制台帳を完全に廃棄することはできません。

なお、帳簿への添付は施工体制台帳の一部とされています。

施工体制台帳を作成する時に、あらかじめ帳簿に添付する事項を記載した部分と他の事項が記載された部分を別紙に区分しておくと、帳簿への添付が楽になるでしょう。

帳簿へ添付する事項は以下のとおりです。(建設業法施行規則第26条第2項より)

  • ①当該工事に関し、実際に工事現場に置いた監理技術者の氏名と、その者が有する監理技術者資格
  • ②監理技術者以外に専門技術者を置いたときは、その者の氏名と、その者が管理を暗闘した建設工事の内容、有する主任技術者資格
  • ③下請負人(末端までの全業者を指しています。以下同じ。)の商号、許可番号
  • ④下請負人に請け負わせた建設工事の内容、工期
  • ⑤下請業者が実際に工事現場に置いた主任技術者の氏名、有する主任技術者資格
  • ⑥下請負人が主任技術者以外に専門技術者を置いたときは、その者の氏名、その者が管理を担当した建設工事の内容、有する主任技術者資格
途中で契約が解除された場合も5年間保存する?
請負契約の目的物の引渡し前に契約が解除された場合は、その請負契約に基づく債権債務が消滅した時から5年間保存する必要があります。

施工体制台帳の保存期間に関するまとめ

  • 施工体制台帳を作成した場合は工事現場ごとに備え置く必要がある
  • 施工体制台帳は建設工事の完了後も5年間保存しなければならない

建設業専門の行政書士事務所

行政書士法人ストレートは、建設業者サポートに特化した事務所です。

建設業許可申請・経営事項審査・工事入札参加は、相談する行政書士によってその結果が異なることが多くあります。

個人事業~上場企業まで、年間300件以上の手続き実績がある行政書士が対応いたしますので、是非、初回無料相談をご利用ください。

セカンドオピニオンも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら

建設業許可申請はこちら

建設業法条文

行政書士法人ストレート
行政書士 大槻 卓也
執筆者

建設業特化の行政書士法人ストレートの代表行政書士。年間申請数は300件を超える。建設業者のみならず行政書士、他士業からも多くの相談を受けるプロが認める専門家。誠実、迅速な対応で建設業者の発展に貢献します。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら
行政書士法人ストレートの写真

弊社は、建設業関連業務に特化している行政書士法人です。東京都、神奈川県、埼玉県を中心に建設業許可に関する手続きを年間300件以上代行しており、難易度の高い申請の実績も豊富です。

他の行政書士には許可をとれないと言われた事業者様の建設業許可を、問題なくスムーズに取得できるケースも非常に多いです。行政書士の業務は多岐にわたるので、建設業許可に詳しくない事務所も当然あります。

「近所だから」「安いから」という理由だけで依頼する行政書士を選ぶと、許可取得までに時間がかかったり、許可を取得できないということも考えられます。特殊な法律やルールの多い建設業に関する手続きは、専門の行政書士にご相談いただけることを願います。