まずはお気軽にお電話ください
Tel.042-843-4211

コラム

COLUMN
2022.08.08

専任技術者でない技術者はどの工事でも設置できるのか?

専任技術者でない技術者は、他の営業所(支店・本社等)で受注した工事に主任技術者・監理技術者として設置してもいいのでしょうか?

また、設置できる技術者と専任技術者とを混同しないように、違いを確認しておきましょう。

この記事では、専任技術者でない技術者はどの工事でも設置できるのかについて、建設業専門の行政書士法人ストレートが解説します。

主任技術者・監理技術者になるには要件を満たせばOK

たとえば、支店で受注した工事の主任技術者として、本社の技術者を置いてもいいのでしょうか?

結論から言えば、可能です。

主任技術者・監理技術者の要件をクリアしていれば、所属先の営業所がどこかは関係ありません。

建設業法上、主任技術者・監理技術者になるための要件は下記の2つです。

  • ①必要な資格、実務経験を有していること
  • ②建設業者との間に直接的かつ恒常的な雇用関係があること

この2つをクリアした技術者は、主任技術者・監理技術者になることができます。

ただし、営業所の専任技術者と混同しないよう気を付けましょう。

理由は次の章で説明しています。

営業所の専任技術者は設置できない

建設業許可の営業所の専任技術者の職務は、営業所に常勤し、請負契約の締結にあたり技術的なサポート※を行うことです。

したがって、営業所の専任技術者は、原則として主任技術者または監理技術者になることができません。

例外として専任技術者が主任技術者・監理技術者になれるのは、下記の①~④のいずれの要件も満たす場合です。

  • ①現場への専任が求められない工事であること
  • ②所属する営業所で契約締結した建設工事であること
  • ③所属する営業所での職務が適正に遂行できる程度に近接した工事現場であること
  • ④所属する営業所と常時連絡が取れる状態であること

つまり、営業所の専任技術者が主任技術者・監理技術者になるためには、「所属する営業所」で契約締結した建設工事である必要があります。

よって、他の営業所で契約締結した建設工事の主任技術者・監理技術者になることはできません。

なお、これは営業所の専任技術者のみの取扱いとなります。

なぜなら、営業所の専任技術者は「専任かつ常勤」が求められているためです。

ちなみに、専任技術者・主任技術者・監理技術者の違いについてはこちらの記事をご覧ください。

※技術的サポートとは
工法の検討・注文者への技術的な説明・建設工事の見積の作成・入札・請負契約の締結等が適正に行われるようにサポートすることをいいます。

どこの営業所に所属しているかは関係ない

先に述べたように、営業所の専任技術者には「所属する営業所」という考え方があります。

しかし、営業所の専任技術者以外の技術者が主任技術者・監理技術者になる場合は、所属する営業所がどこかは関係ありません。

必要な資格と実務経験があり、建設業者との間に直接的かつ恒常的な雇用関係があれば、どの営業所で契約締結した工事であっても主任技術者・監理技術者になることが可能です。

専任技術者でない技術者はどの工事でも設置できるかのまとめ

  • 主任技術者・監理技術者の要件をクリアしていれば、どこの営業所の所属かに関係なく主任技術者・監理技術者として設置できる
  • 営業所の専任技術者は他の営業所の工事での主任技術者・監理技術者になることはできない

建設業専門の行政書士事務所

行政書士法人ストレートは、建設業者サポートに特化した事務所です。

建設業許可申請・経営事項審査・工事入札参加は、相談する行政書士によってその結果が異なることが多くあります。

個人事業~上場企業まで、年間300件以上の手続き実績がある行政書士が対応いたしますので、是非、初回無料相談をご利用ください。

セカンドオピニオンも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら

建設業許可申請はこちら

建設業法条文

行政書士法人ストレート
行政書士 大槻 卓也
執筆者

建設業特化の行政書士法人ストレートの代表行政書士。年間申請数は300件を超える。建設業者のみならず行政書士、他士業からも多くの相談を受けるプロが認める専門家。誠実、迅速な対応で建設業者の発展に貢献します。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら
行政書士法人ストレートの写真

弊社は、建設業関連業務に特化している行政書士法人です。東京都、神奈川県、埼玉県を中心に建設業許可に関する手続きを年間300件以上代行しており、難易度の高い申請の実績も豊富です。

他の行政書士には許可をとれないと言われた事業者様の建設業許可を、問題なくスムーズに取得できるケースも非常に多いです。行政書士の業務は多岐にわたるので、建設業許可に詳しくない事務所も当然あります。

「近所だから」「安いから」という理由だけで依頼する行政書士を選ぶと、許可取得までに時間がかかったり、許可を取得できないということも考えられます。特殊な法律やルールの多い建設業に関する手続きは、専門の行政書士にご相談いただけることを願います。