まずはお気軽にお電話ください
Tel.042-843-4211

お知らせ

NEWS
2021.07.21

【全国建設業協会】CCUC普及へ新戦略始動|8月に地域推進委設置

建設工業新聞 【2021年7月21日1面】

全国建設業協会(全建、奥村太加典会長)は、建設キャリアアップシステム(CCUC)の普及促進策として、新たなプロジェクトを始動する。都道府県建設業協会のうち18都府県建協をCCUC普及促進に積極的な団体として抽出。会員企業のモデルになるような取り組みを推進する。8月には労働委員会に各建協の関係者らでつくる「地域CCUC推進委員会」を設置。18建協のフォローアップやさらなる普及促進策などを議論する。

新プロジェクトは、「地域ぐるみCCUC普及促進プロジェクト~CCUC先行的取組協会による普及促進活動の展開~」と銘打ち展開する。
全建によると、2020年度末時点で会員企業のCCUC事業者登録数は2割程度にとどまる。全建は中小企業が中心の会員に対する個別の働き掛けだけでは、普及に限界があるとみている。

CCUCに対する考えは団体ごとで温度差もあり、一律に普及促進を後押しするのは難しい。全建は地域を挙げて積極的に普及促進するための活動や体制整備に努める。
新プロジェクトの柱に据える対策が、CCUCに積極的で取り組みが先行している建協の抽出と、モデルケースの水平展開になる。まずは▽宮城▽栃木▽群馬▽埼玉▽東京▽山梨▽長野▽愛知▽京都▽大阪▽兵庫▽奈良▽岡山▽島根▽山口▽宮崎▽鹿児島▽沖縄-の18都府県で活動する建協を選定。今後、モデルになるような取り組みを推進してもらう。

18建協に対しては▽事業者登録数などの目標設定とフォローアップ▽直轄Cランク推奨モデル工事への積極参加▽地方自治体に対するCCUS活用工事のインセンティブ設定の働き掛け▽会員企業に対する積極的な普及活動▽現場見学会などの開催▽建設業退職金共済(建退共)制度CCUS活用電子申請方式の導入勧奨▽CCUS普及促進に関する委員会などの設置-などを呼び掛けている。

8月には地域CCUC推進委を設け18建協のバックアップ体制を整備。フォローアップや現状把握、対策の検討などを行う。全建は18建協に続く登録を目指し、CCUSの普及につなげる。

建設キャリアアップシステム登録はこちら

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら
行政書士法人ストレートの写真

弊社は、建設業関連業務に特化している行政書士法人です。東京都、神奈川県、埼玉県を中心に建設業許可に関する手続きを年間300件以上代行しており、難易度の高い申請の実績も豊富です。

他の行政書士には許可をとれないと言われた事業者様の建設業許可を、問題なくスムーズに取得できるケースも非常に多いです。行政書士の業務は多岐にわたるので、建設業許可に詳しくない事務所も当然あります。

「近所だから」「安いから」という理由だけで依頼する行政書士を選ぶと、許可取得までに時間がかかったり、許可を取得できないということも考えられます。特殊な法律やルールの多い建設業に関する手続きは、専門の行政書士にご相談いただけることを願います。