まずはお気軽にお電話ください
Tel.042-843-4211

お客様の声

VOICE
2022.11.24

株式会社To-KAI様|解体工事業|超スピード対応に感激しました!

建設業許可なら行政書士法人ストレート

東京都立川市で、機解体工事業の建設業許可を取得した株式会社To-KAIの代表取締役、村野様にインタビューをさせていただきましたので紹介いたします。

株式会社To-KAI様の紹介

建設業許可なら行政書士法人ストレート

商号 株式会社To-KAI
代表者 村野 拓也
所在地 東京都立川市
業種 解体工事業
HP https://to-kai.tokyo/

事業内容を教えてください

一般家屋からビル・マンションの解体工事、また、解体工事後の土地利用、駐車場運営等のコンサルティングを請負ています。

なぜ建設業許可を取得しようと思ったのですか

解体工事業登だけでは受注金額面や社会的信用面で限界と判断しており、建設業許可を取得する必要がありました。

当社へご相談いただいたきっかけを教えてください

解体工事業界は現在、解体ラッシュの様な状況で、背景には経済成長期に建築された建築物の更新期や、耐震問題、空き家問題、アスベスト問題などさまざまな理由により増加傾向にあり、規模も大型化しております。

また建設業許可業種に新たに解体工事業が新設された為、これから先の未来に解体工事は必須であると認識しました。

現場が大型化すれば受注金額も増加し、解体工事業登録の500万円以下の工事では事業拡大できない為、ネットでスピード感を持ってご対応頂ける行政書士を探しておりました。

行政書士法人ストレートは、建設業に強いとの事、当社から近郊であること、電話相談したらすぐ来社して頂けた事、大変心強く感じた為、なんの迷いもなく、その日のうちに決めました。

許可取得までのスピードはいかがでしたか

業界背景上、現場の大型化やアスベストなども相まって、アスベスト対策費だけで500万円近くなる様な案件のお見積りなども増えていて、解体工事のお見積りの土俵にも乗れない事も少なくなく、非常に悔しい思いもしてきましたので、1日でも早く建設業許可を取得したい旨をお話しておりましたが、こちらが思ったより、早く申請して頂き、本当にあっという間でした。
無事申請を受理されてから許可の通知が発送されるまでが楽しみで、そこは長く感じました(笑)

建設業許可に関する知識は十分でしたか

こちらが質問した事に対して、わからない事がなく、スムーズに解答していた事の印象が強く残っています。

業界背景などにも精通しており、お話していてすごく勉強になりました。

依頼した感想をお聞かせください

他の行政書士に相談したところ、許可の取得は難しいと言われていましたが、あきらめきれずに建設業に特化している行政書士法人ストレートに相談して本当に良かったです。

行政書士の大槻さんは私と同世代という事もあり、相談しやすい雰囲気で、安心して任せることができました。

許可の通知が郵送で到着する日まで見事に当てていて、本当にプロフェッショナルすぎてて笑ってしまいました。

建設業許可を取得できて心の底から嬉しかったです。

この喜びは、一生忘れないと思います。

これから先は、取得した建設業許可のステータスを少しづつランクアップしていきたいので、引き続きサポートをお願いしたいと思います。

建設業許可の無料相談はこちら

建設業専門の行政書士事務所

行政書士法人ストレートは、建設業者サポートに特化した事務所です。

建設業許可申請・経営事項審査・工事入札参加は、相談する行政書士によってその結果が異なることが多くあります。

個人事業~上場企業まで、年間300件以上の手続き実績がある行政書士が対応いたしますので、是非、初回無料相談をご利用ください。

セカンドオピニオンも大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら

建設業許可申請はこちら

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら
行政書士法人ストレートの写真

弊社は、建設業関連業務に特化している行政書士法人です。東京都、神奈川県、埼玉県を中心に建設業許可に関する手続きを年間300件以上代行しており、難易度の高い申請の実績も豊富です。

他の行政書士には許可をとれないと言われた事業者様の建設業許可を、問題なくスムーズに取得できるケースも非常に多いです。行政書士の業務は多岐にわたるので、建設業許可に詳しくない事務所も当然あります。

「近所だから」「安いから」という理由だけで依頼する行政書士を選ぶと、許可取得までに時間がかかったり、許可を取得できないということも考えられます。特殊な法律やルールの多い建設業に関する手続きは、専門の行政書士にご相談いただけることを願います。