まずはお気軽にお電話ください
Tel.042-843-4211

コラム

COLUMN
2021.07.26

建設業許可を見据えた会社設立の注意点

建設業の会社を設立する場合、設立した会社でスムーズに建設業許可をとるためにはいくつかの注意点があります。

この記事では、当事務所にご相談いただく事例のなかで最も多い、「自分で出資して自分が社長になるケース」を基準とし、会社設立後に建設業許可を取得することを見据えた場合の注意点について解説していきます。

役員の構成

建設業許可でいう役員とは、株式会社の場合「取締役」、合同会社の場合「業務執行社員」のことをいいます。

この取締役や社員を決める際の注意点は次の2つです。

常勤役員等の要件を満たすこと

建設業許可の取得には、常勤役員等(経営業務管理責任者)の在席という要件があり、「建設業に関する経営経験が5年以上ある人が申請会社の役員として登記されている」必要があります。

自分が常勤役員等の要件を満たせない場合、設立してすぐ建設業許可を取得するには、設立の時点で常勤役員等になれる人を取締役に入れておくとスムーズです。

常勤役員等の詳しい記事はこちら

欠格要件に該当する人がいないこと

会社の役員のなかに欠格要件に該当する人がいる場合、建設業許可を取得することができません。

欠格要件には、「建設業法違反による行政処分」「禁固刑以上」「破産者」など様々なものがあります。本人に確認しにくいことかもしれませんが、許可取得を見据えてしっかり聴き取りをしておきましょう。

欠格要件の詳しい記事はこちら

※出資額全体の5%以上の株主にも欠格要件の審査があります。

資本金の額

建設業許可の要件のひとつに「財産的基礎を有すること」というものがあります。

会社設立~第1期決算終了までの間に建設業許可の新規申請を行う場合、設立時資本金の額が基準とされている額よりも多ければ要件を満たします。

一般建設業許可の場合

設立時資本金500万円以上

特定建設業許可の場合

設立時資本金4,000万円以上

資本金500万円以下でも申請可能です

資本金が500万円以下であっても、設立した会社の銀行口座に500万円の預金残高があることを証明できれば、資本金が少なくても問題なく許可を取得することができます。

定款の目的

会社を設立する際、定款(ていかん)という書類を作成するのですが、この定款に記載した会社の事業目的が登記にも反映されます。

建設業許可は29業種に分類されていているので、まずはどの業種で建設業許可を取得したいのかを明確にします。

【国土交通省】建設業29業種一覧

建設業許可の先によっては、この事業目的についても厳しい審査があり、例えば東京都の場合は「建設業」とだけ記載しても認められず、目的変更を行う旨の念書等の提出を求められます。

建設業の目的記載例

許可を取得する業種を具体的に記載するパターンと、あらゆる業種をカバーできるよう記載するパターンがあります。

業種を具体的に記載するパターン例
1.塗装工事の請負、施工
全業種をカバーできる記載パターン例
1.建築・土木・設備工事の請負、施工

その他の許認可も考慮する

建設業に関連の深いその他の許認可においても、会社の事業目的が適した内容であるかを確認されるので、取得する可能性があるものは記載しておきましょう。

産廃収集運搬業許可のための記載例
1.産業廃棄物収集運搬業
宅地建物取引業免許のための記載例
1.不動産の売買、賃貸、仲介
建築士事務所登録のための記載例
1.建築物の設計、工事監理

当事務所がおすすめする目的

1.〇〇工事の請負、設計、施工
2.建築・土木・設備工事の請負、設計、施工
3.産業廃棄物収集運搬業
4.前各号に附帯関連する一切の事業

目的が記載される登記事項証明書は、誰でもいつでも見ることができるものなので、①では会社がメインとして取り扱う工事業種を記載し強みをアピールしています。

②では建設業29業種すべての業種の建設業許可に対応した文言を入れつつ、建築士事務所登録までカバーできる内容になっています。

③は、建設業許可新規申請のお客様から「産廃許可も取得したい」というご相談をいただくことが多いので入れています。

建設会社設立の注意点まとめ

建設業許可を見据えた会社設立の注意点を、「役員(株主)構成」「資本金の額」「事業目的」の3つにわけて解説しました。

建設業許可を見据えた建設会社の設立は、建設業に詳しい行政書士に相談することをおすすめします。

  • 常勤役員等の要件を満たす人を取締役に入れる
  • 役員及び5%以上の株主に欠格要件がないか確認
  • 資本金500万円以上で一般許可の要件を満たす
  • 資本金4,000万円以上で特定許可の要件を満たす
  • 資本金で要件を満たさなくても一般許可なら残高証明でOK
  • 必要に許認可に適した目的を定款に記載する
行政書士法人ストレート
行政書士 大槻 卓也
執筆者

建設業特化の行政書士法人ストレートの代表行政書士。年間申請数は300件を超える。建設業者のみならず行政書士、他士業からも多くの相談を受けるプロが認める専門家。誠実、迅速な対応で建設業者の発展に貢献します。

初回無料相談!
まずはお気軽にご相談ください

東京・神奈川・埼玉の建設業許可、経営事項審査、公共工事入札参加は専門行政書士にお任せを

電話で相談する
Tel.042-843-4211
メールで相談する
無料相談はこちら
行政書士法人ストレートの写真

弊社は、建設業関連業務に特化している行政書士法人です。東京都、神奈川県、埼玉県を中心に建設業許可に関する手続きを年間300件以上代行しており、難易度の高い申請の実績も豊富です。

他の行政書士には許可をとれないと言われた事業者様の建設業許可を、問題なくスムーズに取得できるケースも非常に多いです。行政書士の業務は多岐にわたるので、建設業許可に詳しくない事務所も当然あります。

「近所だから」「安いから」という理由だけで依頼する行政書士を選ぶと、許可取得までに時間がかかったり、許可を取得できないということも考えられます。特殊な法律やルールの多い建設業に関する手続きは、専門の行政書士にご相談いただけることを願います。